スギ花粉と並ぶ花粉症

春は暖かく過ごしやすい季節ですが、その一方で多くの人を苦しめる花粉もやってきます。
花粉症といえば、スギが原因のスギ花粉を指すことが多いのですが、スギ以外にも人々を苦しめている花粉があります。

草本花粉症はイネ花粉症とも言い、イネ科のカモガヤやキク科のヨモギのように、背丈が低い植物の花粉が原因です。
イネ花粉はスギ花粉よりも症状が重く現われることが多く、鼻や目以外にも全身に症状を訴える方もいます。

発症時期は夏から秋です。

ヒノキ花粉症は、その名の通りヒノキの花粉が原因です。

ポリリン酸ナトリウム 歯磨き

スギと似ているのが特徴で、発症時期はスギ花粉よりやや遅めです。

特徴が似ているため、スギ花粉症の方はヒノキにも反応する場合が多いと言われます。
4月を過ぎても花粉症の症状がおさまらない場合は、ヒノキが原因かもしれません。

他にも、地域による花粉やアレルギー反応の強い人が反応する花粉などありますが、この2つがスギ花粉と並ぶ3大花粉症です。

現在、花粉症治療として免疫療法が効果的です。